自動車重量税、通称重量税は国内メーカーの自動車とか外国の車など自動車の生産している国やミニバン、ハイルーフ車等車の形状に全て同じでトヨタやアルファ、等にも同様に納税の義務がある税金のことをいいます。仕事 辞めたい アフィリエイト

新車登録をする時もしくは定期車検のさいに納税が必要になるものになります。

この支払額は対象となる愛車の重量毎に決定されます。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全く違う概念ですので、しっかり理解して混同しないようにしましょう。

「自動車重量税という税金は大きさ毎に」「自動車税というものは総排気量毎に」その税額が変わります。

また買取する時の扱いも違いますし注意しなければなりません。

クルマの売却の際には支払い済みの額がいくら残っていた場合でもその額が返還されるようなことはありません。

一方で自動車税でしたら支払い済みの額を買取額に乗せてくれるような事例があるものの重量税については足されることはほとんどないのが現状です。

重量税は、手放す際に支払った税金があるとはいえ車店側でそれが配慮されることはほとんどないです。

なのでその次の支払い、要は車検に出すまで待機して買取っていただくという手法が無駄は少ないと思います。

車買取の時は還付の対象にならない重量税でも、例外的な事例でしたら返還されることがあります。

これにあたるのは車検期間が残ったままの廃車処理する場合。

要するに、抹消登録をした際に、残存期間に応じて額が返ってきます。

ただ、中古車買い取りの場合はその中古車が廃車になるのとは違って還付されません。

さらに愛車の名義を変更した時や、盗まれた際も還付してもらうことは不可能です。

重量税が残っている愛車を売るということはつまり車検期間がまだある中古車ということになります。

そのことを買取側も配慮しますので、自動車重量税の残存期間があれば少しは買取額があがることでしょう。

勿論買取金額は買取業者によって変わりますが、車検の効力が残っていることが忖度されれば手放す自動車の査定額と比較するとそれほど払い損と考えることもありません。