新聞、ハローワーク、フリーペーパー、雑誌、インターネットサイト、そして飛び込みや紹介など、転職にはさまざまなスタイルがあります。

正社員をめざしているのであればフリーペーパーより新聞、などといったイメージは10年前より薄れていますが、やはり、フリーペーパーで採用をしている企業は、それだけ意識が低かったり、社会性が低い職業である傾向が見られます。

職種によって、良い媒体は異なるのです。

では新聞で募集している企業ならばちゃんとしているかというとそうでもありません。

それぞれの媒体には、掲載にあたり企業審査がありますが、新聞は、普通の広告とは違い、求人広告への審査が甘いといわれています。

また、新聞で人が集まると考えているならば、古い体質の会社であるとも言えるでしょう。

不明確な点がありましたら看護師転職サイトすぐ相談してみましょう。

短時間で情報を集めるにはインターネットが有効かつ手軽です。

とはいえ、これも諸刃の剣。

簡単に良い条件が見つかるということは、相手(企業)側も簡単に人が見つかるということ。

いわゆる“総合見積りサイト”のように、ライバルが多くなってしまうのです。

情報はネットで、希望する就職先が見つかればコネクションがないか探すなど、アプローチはアナログで、など使い分けるのがこれからの時代の賢い転職と言えるでしょう。