私の母は多額の借金があります。私が子どもの頃から家庭内でずっと母の借金が問題でした。母の借金が病気や事故など何かやむおえない事情であれば、それは仕方のないことだと思います。しかしそうではありません。母はどうやら買い物依存症のようで、特にヴィトンやプラダといったブランド物が大好きなのです。その他にも、高価な宝石や着物、家具までとにかく高価なものが大好きなのです。母は公務員として働いています。勤続年数も長いので、普通の会社員の人よりは収入はある方だとは思います。しかし、そんな頻繁にブランド品を買えるほどはもらっていません。母の借金がいくらあるのかは私にはわかりませんがおそらく数千万はあると父が言っていました。父も私も正確な借金の金額がわからないのです。母ももうすぐ60近く。働ける年数ももう少ないし、この借金をどうするつもりなのか。私や父に何も話さずひたすら借金のことを隠そうとします。でももし母が死んでしまったらこの借金は誰が返すのか。必然的に私にふりかかってくるようで、今からとても不安を感じています。